ひばん婆お富レシピ『りんごおこわ』

 

秋から初冬にかけて、いろいろな種類の地元産りんごがたくさん産直市に出回ります。東城町の小奴可地区(広島県庄原市東城町小奴可)と高野町(広島県庄原市高野町)には多くのりんご農家があります。そうなんです!庄原市は『りんご』が特産なんです!

12月の今は、蜜の入った甘い『ふじ』という品種がたくさん店頭に並んでいます。

中に『サンふじ』というラベルの付いたりんごがあったので、どんな種類のりんごだろう?と思って店の人に聞いたら、これは栽培の際、袋をかけず太陽をたっぷり浴びて育った「ふじ」のこと

だと教えてくれました。袋をかけた方が赤くきれいに色づくけど、糖度は太陽光を多く浴びたぶんだけ『サンふじ』の方が高いそうです。


近所のりんご農家の方に『サンふじ』を頂いたので、ひばん婆お富レシピ「りんごおこわ」を作りました。


【りんごおこわ】


材料:10人分

・もち米 8カップ

・うるち米 2カップ

・りんご 3個

・小豆 1カップ

・とうもろこし 半カップ ※夏に収穫したものを冷凍保存

・枝豆 半カップ 

・いりこだし 1カップ

・塩 大さじ1

・白ごま 少々



作り方:

1.もち米とうるち米を合わせて洗い、一晩水に浸す

2.小豆も一晩水に浸す

3.りんごは皮をところどころ残して、いちょう切りにする

4.小豆は、やわらかくなるまで茹でる。茹汁は残しておく(後で蒸すのでやわらかくしすぎないこと)

5.とうもろこしと枝豆(さやから出す)はさっと茹でる

6.米はザルにあげ、水けを切ったあと蒸し器に入れて少しやわらかくなる位に蒸す(七分蒸し)

7.七分蒸しのお米を広い器に取り出し、りんごととうもろこし、枝豆、茹で汁ごとの小豆、いりこだしを混ぜる

8.7を再び蒸し器に戻し15分~20分程度蒸す(仕上げ蒸し)

9.蒸しあがったら白ごまと塩を加えて混ぜる


                                                                                                       

                                                                                                         by RIE KIKKAWA