端午の節句会『小豆のおやつとちまき』

 

前回紹介した2015年6月20日(旧暦の5月5日)に開催された、竹屋饅頭本舗女将の谷和江さんによる『端午の節句会』の続編!

 

谷和江さん手作りの「涼」を感じる小豆のおやつと粽(ちまき)を紹介します。

緑が鮮やかな粽の笹の葉の巻き方も教わりました。 

 

笹の葉で包んだ三角の形の和菓子「水無月(みなづき)」。くず粉で作る谷和江さんオリジナルレシピです。


1年のちょうど半分の節目にあたる6月末に行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」。半年分のけがれを落とす厄落としの年中行事です。

 

水無月は、その「夏越の祓」に食べる和菓子として親しまれています。


三角の形には、邪気払いの意味があるそう。そして、上にのっている小豆の赤色も同じく邪気払いの意味があると教わりました。


そして端午の節句といえば、かしわ餅に並んで欠かせないのが「粽(ちまき)」です。


歴史は古く、平安時代には宮中で端午の節句に粽を食べて邪気を祓ったといわれています。

でもそれは、笹の葉ではなく厄除けの草といわれる「茅萱(ちがや)」の葉で巻いたものだったようです。

実は、この「茅萱」から「ちまき」と呼ばれるようになったそうです。


ちまきづくり!笹の葉の巻き方を教わりました。

まず、笹の葉2~3枚で赤飯を包みます。そして笹の葉の先を束ねて、ギュッとねじり、別の笹の葉で上から巻いていきます。下まで巻いたら竹の皮を細く切ったひもで結んでできあがりです!

 

ゆっくりと丁寧に教えてもらい・・・・、ふぅーっ、やっとできました!

 

出来上がりの粽のフォルムのかっこよさに、みんな惚れぼれです。(笑)

 

手作りの「粽のわらび粉仕立て」や「杏仁豆腐」もいただき、美味しくて見た目も涼しいおやつに大満足です。


年中行事に欠かせない餅菓子のパワーとは

よもぎ餅、桜餅、柏餅、ぼたもち・・・それから赤飯も。これらは、すべてもち米と小豆のペアでできています。

 

もち米と小豆は、一緒に摂取すると必須アミノ酸すべてが補給できる最強の組み合わせだと教わりました。

昔から、1年の節目節目に餅菓子を食べて、パワーをもらっていたんですね。


 

年中行事で出されるお菓子や料理の意味が分かると、ただ食べるよりも美味しく感じると思いませんか。

そして、それが手作りのものなら・・・、なおさらですね。



by RIE KIKKAWA


その他のおすすめ関連記事