比婆郷土料理研究会『暑さ真っ盛りのころの郷土料理』

 

暑さ真っ盛りの土用の丑の日(2016年7月30日)、比婆地方(広島県北東部)に伝わる暑さを吹き飛ばす夏の郷土料理を教わりました。もちろん講師は、比婆郷土料理研究家の小林富子さん。

 

小林さんによると、比婆地方では、この暑い時期、夏バテ防止としてカワニナ(巻貝の一種で水生ホタル幼虫の餌として知られている)の汁を食べていたそうです。が、・・・今はなかなか採ることも難しいため、今回は話だけで・・・。

 

そこで今回は、農家の畑で収穫した夏野菜を中心に比婆郷土料理を作りました。

 

 

今回教わったのは、

 

・ホタルおこわ

・ちしゃもみ

・焼きなす3種和え

・焼きなすおろし胡瓜かけ

・きび入りいももち

 

の5品。

 

ホタルおこわは、この時期おいしいトウモロコシと黒豆が入ったおこわです。

トウモロコシの黄色がホタルの光、黒豆の黒はホタルをイメージ、小林さんの育った実家近くで夏になると出現する「金ボタル」から発想したオリジナルレシピです。

 

あっさりした塩味ですが、旬のトウモロコシの甘味とうまみで深い味わいです。

 

 

カキちしゃを使った家庭料理の「ちしゃもみ」。

 

サニーレタスに似た伝統野菜ですが、昔はどこの家庭でも育てられていたそうです。

外側の葉から順にかいて収穫することから、かきちしゃと呼ぶそうです。

 

今回は、かきちしゃのかわりに簡単に手に入るサニーレタスで代用。

 

手でちぎるのがポイントです。

 

花かつお、酢、しょうゆ、砂糖で味付け。

しょうゆの代わりに味噌を使う家庭もあるそうです。

 

そして旬の野菜、ナスをつかった焼きなす料理のさまざまなバージョンを教わりました。

焼きなすにしょうゆと花かつおをかけるのが昔からの比婆地方の食べ方。

 

他に、種を除いて包丁でたたいた梅干しにみりん、砂糖で味をつけ、青じそのせん切りを加えた梅和え、ラッキョウ漬けをマヨネーズで和えた通称「らっきょネーズ」和えも教わりました。

 

そして、大好評だったのがおろし胡瓜がけの焼きなす。

輪切りにしたナスにゴマ油を回しかけ焼いたなすに、すりおろした胡瓜と寿司酢を混ぜ合わせたソースをかけます。

 

この胡瓜のソースは、なんにでも合いそうです。

 

 

夏のころのおやつとして食べていたという「きび入りいももち」。

この時期たくさん収穫しているジャガイモを使ったおやつです。

 

 

旬の夏野菜は太陽の日差しをたっぷり浴びて、どれも味が濃く、しっかりした味わい。だからこそ、暑いこの時期に食べると元気が出ます。

 

そして、ただの焼きなすと侮るべからず。今回、改めて焼きなすのおいしさに気づいてしまいました!

 

この夏、旬の野菜をたっぷり使った料理で暑さを吹き飛ばしましょう!

 

 

 

 

 

by RIE KIKKAWA