比婆郷土料理研究会『秋まつりのごっつお』

 

2016年10月1日、「秋まつりのごっつお」をテーマに比婆郷土料理研究会を開催しました。

もちろん今回も講師は”比婆ん婆お富”こと比婆郷土料理研究家の小林富子さんです。

 

収穫を祝う秋まつりの日には、昔から大ごっつお(ごちそう)を作って、親戚や近所のみんなにもごちそうをことづけて(届けて)いたそうです。

 

秋まつりにふるまう代表的な料理と貴重な天然きのこ「香茸(こうたけ)」の料理を堪能しました。

 

比婆地方に伝わる『秋まつりのごっつお』の中から、今回作ったのは・・・

 

・巻ずし

・コンコンずし(きつねずし)

・香茸汁

・香茸のしろみ和え     の4品。

 

 

比婆地方のごっつおといえば・・・お寿司!

 

なかでも比婆地方に伝わる巻ずしは、色鮮やかに作るのがポイント!

5色の色を大切にしていたそうです。

赤・・・ニンジンやでんぶ

黄・・・卵焼き

黒・・・椎茸またはごぼう

白・・・高野豆腐

緑・・・ほうれんそう

特に赤は、縁起が良く色がきれいなので多めに入れても良いということで、今回はでんぶをたっぷり入れました。

 

すし飯に少しだけもち米をいれてもっちりさせるのも特徴です。

 

 

コンコンずしは、昔は、前の晩から油揚げを煮つけて、その家のお嫁さんが寝ずに油揚げの口を開けていたそうです!

どれだけの大量に作っていたのか・・・驚きです!

 

そして、比婆地方の貴重な秋のきのこといえば「香茸(こうたけ)」。

この日は、スーパーの地産コーナーに地元の山で採れた香茸がならんでいました。

 

その香茸を贅沢に使って「香茸汁」と「香茸のしろみ和え」をつくりました。

 

香茸は、出汁いらず。香茸を水から入れて火にかけるだけで美味しい出汁が出てきます。

色は真っ黒だけど、独特の香りで、これぞ秋の醍醐味。

 

食欲をそそるとってもいい香りです。

 

 

秋まつりにまつわる比婆地方の言い伝えも教わりました。

比婆地方には、祭りの食べ物の主役といわれる魚が3つあったそうです。

 

「エイ・タコ・ワニもうし」といってエイとタコ、ワニ(フカ)の3種の魚は、祭りには欠かせないものだったようです。

 

ちなみに、もうしとは祭りの意味だそうです。

 

それぞれの魚には、こんな言葉が伝えられています。

 

「エイは、腐ってもえー(良い)。」ダジャレ?? ※エイは捨てるところがない

 

「タコとエイは買うただけみな食える。」※タコとエイは捨てるところがない

 

「ワニがなゃーと(無いと)、祭りにならん。」※ワニは欠かせないごちそう

 

 

今日は、小林富子さんが昔の貴重な台所道具を持参!

 

おひつとそれを入れて保温する藁で作った蓋付きの籠、そして大きな口つきのすり鉢も。

 

小林さんいわく「これは、昔の保温ジャーじゃ!」

 

 

 

 

これから、比婆地方では秋まつりがあちこちで行われます。

今年の秋まつりには、手間を惜しまず手作りの巻きずしやなば料理などのごっつおを作って、親戚やご近所さんにことづけて(届けて)みてはいかがですか。

 

 

 

 

by RIE KIKKAWA